戸建て・マンションをお考えの方!キッチンの選び方を紹介します!

料理をする人にとって、キッチンは毎日使うもの…
使いやすい、居心地の良い空間にしたいですよね。
最近はキッチンのデザインや機能性の種類が豊富になってきました。
うれしい反面、自分に合ったキッチンを選ぶのに迷ってしまうことが多いと思います。
そこで今回は、キッチンの種類や選び方の手順、ポイントなどをご紹介します。

 

□キッチンの種類

まず、キッチンの種類を見ていきましょう。

*壁つきキッチン

名前の通り、壁にくっついて作られているキッチンです。
壁に向かって作業をするので、料理に集中したい人に向いてます。
最もオーソドックスなのは「I型キッチン」で、コンロ、調理スペース、シンクなどを一直線に並べたシンプルなデザインのキッチンです。

アパートやマンション、戸建てなどに幅広く使用されていて、価格も一番安い傾向にあります。

 

また、2面とも壁に付いている、「L型キッチン」もあります。


L型キッチンはシンクとコンロの距離が近く、体の向きを変えるだけでシンクとコンロの使用の切り替えができます。

 

*対面型キッチン

対面型キッチンはキッチンからダイニングやリビングが見渡せるようになっている形のキッチンです。
対面型キッチンは料理をしながらリビングを見られるため、家族とコミュニケーションがとりやすいです。
小さな子どもがいる家庭では、子どもが何をしているのか調理中でも把握できるので安心感がありますね。
対面型キッチンには、形状により以下の種類があります。

 

【アイランド型キッチン】
島のように壁と接しないタイプのキッチンです。開放感は抜群です。
デザイン性にこだわった種類が多く、キッチンをひとつのインテリアとして考える方に人気です。

 

【ペニンシュラ型キッチン】
片側一方が壁にくっついている対面型キッチンです。
対面型キッチンの中では、最も多いタイプで、バランスの良い使い勝手さから、人気も一番です。

 

【L型キッチン】
壁つきキッチンのL型キッチンと形状は同じですが…こちらは片側が対面になっています。(シンク側からリビングが見渡せるようになっていることが多いです。)

 

【セパレート型キッチン】
かなり珍しいタイプで、コンロ部分とシンク部分が別々に分かれているキッチンです。(分かれている片方が対面になっています。)
料理をするときの作業するスペースを広く取れることが多く、複数人で料理することが多い家庭向きです。


↑写真が無かったので、絵です・・・

 

*独立型キッチン

一つのお部屋のように壁で仕切られているタイプのキッチンです。


調理した時の煙などが広がりずらいのと、来客時にキッチンの内側を見られることが少なくなるのが特長です。
形状は「I型キッチン」になることがほとんどですが、「L型キッチン」「セパレート型キッチン」もたまに見かけます。
 

□キッチンを選ぶ手順

では、キッチンを選ぶ際の選び方・手順をご紹介します。

①サイズを測る
気に入ったキッチンがあっても、おうちの中に収まらなければ仕方がありません…
どのようなサイズ(長さと幅)のキッチンが収まるか、測りましょう。
キッチンはサイズによって値段が変わってくるので、予算を決める際にも、サイズを知ることは重要です。

②キッチンの種類と形を決める
キッチンのサイズを確認したら、先程ご説明したキッチンの種類と形を決めましょう。
ご自身が使いやすいのはどのタイプか?
この選別がキッチン選びで最も難しく、かつ最も楽しい時間かもしれませんね。

③メーカーを選ぶ
キッチンの種類を決めたら、今度はどのメーカーにするかです。
各メーカーで特徴がありますので、いろいろ調べてみると面白いと思います。

④色・素材を選ぶ
最後に…キッチン全体の雰囲気を考えて、色や素材を決めていきましょう。
各メーカーのショールームなどに足を運んで、実物を見ながら、触れながら選ぶのも良さそうです。

 

 

□キッチンの選び方のポイント

ここまでキッチンの種類と選ぶ手順をご説明しました。
とはいえ、実際にキッチンを選んでいくのは結構大変です…
そこで!キッチンを選ぶうえでのポイントをまとめてみました。

《キッチン選びのポイント》

●生活スタイルや家族構成
1人でお料理に集中したいなら独立キッチン。
目が離せない小さなお子さまがいる家庭なら対面キッチン。
家族や友人とカウンターを囲みながらお料理がしたい場合はアイランドキッチン・・・など。
生活スタイルや家族構成によってキッチンの種類を見つけてみましょう。

●作業スペースの確保
キッチンカウンターの上の作業スペースが小さくて不便…という経験をしている方は多いです!
作業スペースはできるだけ広く取りましょう。

●通路は広めに
キッチンの中が狭いと、作業する際にとてもストレスになります。
最低限の動ける広さを考慮しましょう。

●キッチン全体の配置
キッチン本体以外にも、冷蔵庫や食器棚などの配置も考えましょう。
作業動線を考えずに配置してしまうと…調理中のストレスになります。

●キッチンの高さ
これ、気にする人は多いです。
高さがあわないと、腰にきますよね…
ベストな高さを決めるのは難しいですが…
ショールームなどで、実際に確認しながら決めるのがおススメです。

●キッチンの収納の数・大きさ
これは何を収納するかで大きく変わってきます。
実際に収納するものをイメージして、必要な収納を必要な位置に付けましょう。

 

 

□まとめ

いわゆる「キッチンの選び方」をご紹介しました。
「キッチンを選ぶのに、何から始めていいか、わからない…」
という方に、少しでも参考になれば幸いです。
これからキッチンを選ぶ方へ…
ご自身の生活スタイルに合った素敵なキッチンを見つけられると良いですね!

 

 

仲介手数料最大無料!
株式会社いえまる